【2020年最新版】ads.txtファイルの設置方法は?ワードプレス&wpXの場合の対処法まとめ | mell's memo

【2020年最新版】ads.txtファイルの設置方法は?ワードプレス&wpXの場合の対処法まとめ

こんにちは!ブロガー&ハンドメイド作家のめるです!

ある日、アドセンスの画面を見てみるとなにやら赤い警告文が、、!

 

 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

こわ……..!!!

アドセンスで収益をあげている人は、グーグルさんからこんな警告あったらヒヤァっとしますよね。
私だけに限らず、私のブログ生徒さんもみんな同じようにこの表示がありました。

 

さらに、グーグルのヘルプを読んでみると

 

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

 

とのことなんです。

グーグルさんがそこまでいうなら….

というわけで、
備忘録のためにもその手順についてまとめていきたいと思います〜!

ads.txtファイルについてわかりやすく

 

今回のこのファイルの読み方ですが、ads.txt アズテキストと読みます。
このアズテキスト、グーグルのヘルプにある説明では

 

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

という説明があるのですが正〜〜直、

イニチ……え??なんて?汗

ってなります。

 

かなり噛み砕いて説明すると、

このアズテキストをサイトに設置しておくことで広告主に対して

自分のサイトに載せている広告は
グーグルアドセンスから許可をもらって載せているよ!

と証明する為のファイルなのです。

 

こうして証明をすることによって、偽のなりすましサイトへの広告配信を防ぎ、
広告主と掲載する側の私たちの両方で利益が守られる、ということなんです。

 

なるほど…. つまり載せておく方が得策なのはわかったけど、
なんか難しそうじゃない?

大丈夫、意外と簡単に設置できるので、このページを参考に進めてみてくださいね。

ads.txtファイルの作り方

 

実はこのads.txtファイル、グーグルアドセンスにログインすると
ダウンロードができるようになっています。

どこでダウンロードするのか?というと

ads.txtの赤い注意書きの中に「今すぐ修正」とあるので、
そこをクリックすると「ダウンロード」というボタンが出てきますよ!

ダウンロードするとすでに出来上がったads.txtファイルが手に入ります。

 

ads.txtファイルの設置方法

 

サーバーがwpXの場合、FTPソフト経由でtxtファイルをアップロードします。

まだ持っていない!という方は今後もこのソフトは使うことが出てきますので
これを機にダウンロードしておきましょう。

FTPソフトとは….?
サーバにファイルをアップロードしたり、サーバにあるファイルをダウンロードしたりする際に使うファイル転送用ソフトウェアのこと。

 

●Windows&Mac共におすすめのFTPソフト…FileZila(ファイルジラ)

FileZilaについては、サルワカさんのサイトが超絶わかりやすいです

 

今回はこのFIleZilaを使用し
wpXサーバーにファイルをアップロードする方法を説明します。

事前にwpXにログインし、FTPアカウント設定のこの画面を開いておきます。

この画面にあるFTPアカウント名・FTPホスト名を後ほど使います。

 

①FileZilaをダウンロード→開く

 

②画面上部にある

・ホスト名(H):
・ユーザー名(U):
・パスワード(W):

にwpXで開いている下記の内容をコピペで入れてください↓

れぞれの情報を入れたら「クイック接続」をクリック

 

③接続成功するとこんな画面になります

 

④右上に表示されている名前が「/」のフォルダ(public.html) が選択された上で
デスクトップに保存したads.txtファイルをクリックドラッグで右下のボックスに入れる


⑤これでwpXサーバーへのads.txtのアップロードが完了です!

ads.txtをアップロードしても警告が消えない!

設定してからすぐには反映されず、人によって警告が1日経たずして消える場合もあったり、
消えるまで2〜3日ほどかかる場合もあります。

もし5日以上経っても表示される場合は

・アップロードしている場所が間違っている
・コードそのものにスペースが入っていたり、間違いがある

など原因が考えられますので、再度確認してみましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

ワードプレス初心者さんの場合ちょっと難しそうな感じですが、
ゆっくりと進めてみてくださいね。

それではここまでお読みいただきありがとうございました!