ハンドメイドアクセサリーを売るコツって?売れる商品を作るためには

こんにちは!
めるです^^

最近はあまり体調が良くなく、
全然ブログを書けずにいました。。

でも!私はこのブログを
もっともっと成長させて、

ハンドメイド(+ブログ)のことならこのブログ!
ってぐらいに大きくしたいなぁなんて野望があります^^

なんでもそうですが
希望や目標、野望がなければ

モチベーション維持できませんし、
せっかくやるなら楽しくしたいですよね。

さて、そんな今日は

ハンドメイドアクセサリーを売るコツ

についてお話していきたいと思います!

ハンドメイド販売する前に気をつけたいこと

 

ハンドメイド作品を売って
ちょっとでもおこずかい稼ぎしよう!

と思う人は少なくないはず。

でもいざ初めてみて

 

かわうそくん
あれ?全然売れない。。

 

そんな風に思った経験はないですか?

 

商品が売れることにも必ず理由がありますし、
その逆で売れないことにも絶対に理由があるんです。

 

まず、ハンドメイド作品を販売する上で
事前にチェックしておいたほうが良いのが

自分の作品と同じようなものを作っている人はどれくらいいるか

ということ。

 

売れない原因として、作品の魅せ方も重要なんですが、
同じような作品が他にないか?
って理由で売れない場合も結構ある話です。

 

やっぱり、どうせ作って売るなら

作風や商品のデザイン、販売する場所などすべて
ライバルの少ないところを狙っていきたいじゃないですか?

そして、いかに差別化するかということも大切なんです。

差別化の例として、

・商品の値段
・商品の種類やデザイン
・接客(梱包などのサービスなども)
・カスタマイズ(オーダー)できるのかどうか

etc…..

たとえ、同じような作品があったとしても、
こういう部分でご自身の作品を他と差別化していきます。

 

 

作品を置く場所も考えて

 

そして、ご自身の作品は
どこに出品すべきものなのか?
どこに置いておくのがふさわしいのか?

これも販売する前には大切なことなんです。

 

ハンドメイド作品を販売できるショップといえば

minnne(ミンネ)
Creema(クリーマ)
iichi(イイチ)

base(ベイス)
メルカリなどのフリマ

がありますが、それぞれ特徴があります。

 

minneはハンドメイド市場もっとも勢いのあるサイトで、
作家登録者数もダントツトップ。

お値段もリーズナブルなものが多い印象です。

 

Creemaですが
ミンネよりかは作家登録者数は少なめですが、

Creemaはミンネに比べて本格的なハンドメイドを
されている作家さんが多い模様。

なので商品単価も少し高めですね。

 

iichi
より本格的な作品やメイドインジャパンにこだわった作品など、
ナチュラルな雰囲気が強め。

 

BASEでは、

ミンネ、クリーマ、イイチは
全ての作家さんのショップが同じような雰囲気で
あまり個性を出せないですが、

BASEはショップのインターフェースなど
いじりやすく、簡単にオリジナルの
サイトが作れます。

そして、サイトそのものを自分色にできるところが
最大の魅力かなと思います。

私がなぜBASEにしたのかというと、

・ミンネやクリーマに比べてライバルが少なかったから
・他に比べて手数料が安かったから
・おしゃれなwebショップが作れる=作品の世界観を伝えやすい

の3点です。

なので、もしまだショップ持ってない!って人がいたら
まずBASEがオススメですよ!


メルカリなどのフリマは、
やはりメルカリなどをみるお客さんって

通常の販売価格よりもお安くモノを買いたい

という人が多いので、出品されているハンドメイド作品も
1000円以下でかなりリーズナブルに出品されてる方が多いですよね。

 

どのショップが一番自分の作品と
相性が良いのかということを知るためには、

ショップ3つぐらい作って
複数出品することがオススメです。

少し手間ですが、

どのショップからの売れ行きが好調かを
知るためにはやって損はないと思います^^
(しかも全部無料ですしね)

ぜひ一度試してくださいね!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回の記事のまとめは、

・ライバルを少ないところを狙っていけ!
・複数のショップに出品してみる!

でした。

参考になれば幸いです^^

それでは〜!!